スタッフブログ

6月17日の夕方からは、全国的なイベント「100万人のキャンドルナイト」のイベントを開催しました。
開始時間が大幅に遅れてしまい、参加された方々にはご迷惑をおかけいたしました。
この場をお借りして、お詫び申し上げます。

さて、当日のプログラムは・・・

18:00 イベント開始のご挨拶
18:05 歓談
18:40 100万人のキャンドルナイトの説明
18:50 消灯、キャンドル点灯
19:00 演奏
19:50 絵本朗読 
20:15 歓談
20:45 挨拶
20:50 解散

の予定でしたが、最初からキャンドルをつけてライトダウンした中で開催しました。

232233234235236237238239240241

美味しい食事と飲み物を楽しんでいただいた後、シンセサイザーの演奏を楽しんでいただき、その後、不肖ありさんがボーカルを務めるバンドによる歌をお届けいたしました。
歌ってる本人がカメラマンでもあるため、写真がありません。m(__)m
ちなみに、当日歌った曲名だけご披露します。

1.大きな古時計(平井堅)
2.涙そうそう(BIGIN)
3.I LOVE YOU(尾崎豊)
4.秋桜(さだまさし)
5.言葉にできない(小田和正)
6.TRUE LOVE

演奏&歌の後は絵本を朗読させていただきました。
ギターとシンセサイザーの幻想的なBGMの中、「世界がもしも100人の村だったら」を抜粋して朗読いたしました。

「もし 全世界を人口100人の村に縮小するとしたらどうなるでしょう。

その村には・・・・
57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます。

52人が女性で
48人が男性です。

70人が有色人種で
30人が白人

6人が全世界の富の59パーセントを所有し

80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調で苦しみ
ひとりが瀕死の状態にあり、ひとりは今、生まれようとしています
ひとり (そう、たったひとり) は大学の教育を受け
そして ひとりだけがコンピューターを所有しています・・・。以下続く」

地球のこと、人間のこと、生きると言うこと、感謝すること・・・。
いろいろと考えさせられる、素敵な本です。

こうして、初めて開催した「100万人のキャンドルナイト」は終了しました。

次回は、冬至の時期に合わせて、「クリスマスキャンドルナイト」を開催する予定です。
大勢の方のご参加をお待ち申し上げます。