スタッフブログ

大変しばらく振りとなりました。大工工事がずっと続いていましたが、ほぼ完了しました。
7月の上旬に完成見学会を行いますが、そこまでの様子を一気に2週に分けてご覧いただきます。
5月までの状況をご覧下さい。前回は、構造体を組んでパネルを入れて、断熱材を入れ、電機の配線が終了したあたりまででした。構造ができてからしばらくは、内部工事が主体となり、骨組みが組みあがるようなダイナミックな様子はそこにはありません。
一件地味ではありますが、職人さんがしっかりと手を動かし、少しずつ出来上がっていきます。

足場があるうちに、外部を完成させます。屋根が葺き上がり、外壁や雨仕まいのための金具、板金工事を行っていきます。
弊社では、足場はリースしているので、長く足場があると効率が悪くなります。天気にも左右されるところがありますが、一日でも早く足場を外すように計画を立てていきます。

244245

屋根工事はできるだけ先に完成させます。なぜならば、家の内部の工事を安心して進めるためです。特に雨の浸入がないように屋根はしっかりと先に作りこみます。

246247248249

二階のバルコニー部分も横板を張り込みました。まだ手すりはありません。黒く見えるのは金具で、構造体の柱の上に雨が溜まっても大丈夫なようにしてあるのです。

250251252253254255

柱に梁、建具(たてぐ)の枠、配線、屋根裏と、説明するのも大変なショットでした。配線については、事前に十分に打合せをして、出来上がってから、あれ?ここになんでコンセントがないの?何てことがないようにしましょう。

256257258259260261

さて、最後に最近の状況をお見せしましょう。ツートンカラーのシンプルですが、迫力ある組み合わせですね。次回は、この状況までの状況をお届けします。