スタッフブログ
05
06
07

■コンクリートや鉄と違って木はヒンヤリ感がありません。木は熱伝導率が低いため体に触れても体温が奪われにくいのです。それに加え、木の香りは心を落ち着ける癒しの効果があります。

08

■室内の温度が高くなると湿気を吸収し、逆に乾燥するとそれをはきだして快適な室内循環をつくります。木は木材になっても呼吸する調湿作用があります。

09

■鉄やコンクリートとは比較にならないほど長寿な木は、強度低下が緩やかで、環境さえ整っていれば100年や200年という長い歳月を耐えうることのできる素材です。例えば、檜は伐られてから逆に200年間は強度が増していくという、自然素材ならではの生命力を秘めています。

10

■木が燃えた場合、まず表面が焦げて黒くなります。これが表面炭化といわれるものです。表面炭化は火災の際の強度低下を引き延ばす役目を果たし5~6分熱が加わっただけで急激に強度が低下する鉄やアルミニウムに比べて、木は30分燃え続けたとしても24ミリ程度の炭化で済みます。

11

■窓から入った光は、壁や木に当たり、窓に反射しますが、木には有害な紫外線の反射を抑える性質を持っています。その他にも、人の歩行に適した弾力性や音楽を心地よく響かせる吸音性などのメリットがあります。

12

■重さあたりの材料の強度を示した比強度を見ると、杉は鉄の4倍の引っぱり強度、コンクリートの6倍の圧縮強度があります。この数字から、木は軽くて強い家をつくるのに適しており、地震に対してもメリットを備えています。

13
14

郷シリーズは、八溝山系の木を燻煙乾燥させた木材を使用しています。

15

安心の10年保証(財)住宅保証機構に登録しています。